「ハンドメイズテイル」動画をシーズン3まで無料でイッキ見!/ドラマ感想ブログ

hulu

今回はhuluで配信中のドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」を観た感想です。

シーズン3までhuluで配信されている海外ドラマです。2019.12月にシーズン3の最終話が配信されました。

シーズン4は制作決定しているので最後まで観れるのはもう少し先になりそうです。(2019.12現在)シーズン4まであるドラマと聞いたのですが、本当に次のシーズンで終わるのでしょうか・・?この調子だともっと続くのかもしれません・・。

私はシーズン3までを5日間かけて家事そっちのけでイッキ見しました。

どっぷりドラマの世界に入り込み、見ていない時間も内容を思い出しては眉間のシワが取れません・・。

ume
ume

海外ドラマ初心者の私がレビューします!

「ハンドメイズ・テイル」はどこで無料視聴できる?

「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」はhuluで独占配信中のドラマです。huluで見ることができます。

2019年10月からWOWOWでも放送が開始されました。

huluは14日間無料期間があるので試しにシーズン1だけでも無料で視聴してみませんか?

私はシーズン3まで5日間で一気見をしたので、14日間もあれば余裕で見ることができますよ。

ちなみにhuluは月額1,026円で動画見放題となります。海外ドラマやアニメが豊富です。

ハンドメイズ・テイルのようにhuluでしか観られない話題の海外ドラマも多数あります。

無料期間を利用して、他の海外ドラマもチェックできますよ。

▽この女子刑務所の話もオススメですよ。あのサッカー選手のメッシもハマってるとか!

「ロック・アップ /スペイン女子刑務所」ドラマってどうなの?/主婦の海外ドラマ感想ブログ
スペインのテレビ業界に革命をもたらした超話題のドラマ「ロック・アップ」。 サッカー選手のメッシ夫妻もハマっていると聞けば、「観るしかない!」という単純なきっかけで見始めてハマってしまいました! 「スペイン」「女子刑務所」っていう...

\14日間の無料体験はこちらから/

hulu公式サイト

※14日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

ハンドメイズ・テイルの制作について

このドラマは小説『侍女の物語』(1985年・マーガレット・アトウッド)を原作として制作され、2017年にシーズン1がhuluにて配信開始されました。

アメリカのデストピアを描いたドラマになっています。ちなみにユートピアの正反対の世界がデストピアです。

「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」のシリーズは高評価を受け、プライムタイム・エミー賞という夜間の時間で放送されているドラマに贈られるエミー賞でいくつもの賞を受賞しています。

またゴールデングローブ賞では作品賞と主演女優賞を受賞しました。

ume
ume

とりあえず大ヒットしているということね!

主演のエリザベス・モスはたくさんのドラマに出演している女優のようです。映画にも出演しているけれどドラマの方が多いようです。私は海外ドラマ初心者なので、このドラマで知りました。

青い目がとても美しい、実力派女優さんです。顔のアップの映像が多いですが、画面を見入ってしまいます。

↑ジューン役のエリザベス・モスさん

あらすじと感想

ざっくりとしたあらすじです。

その前に侍女(じじょ)って知っていますか?恥ずかしながら私はこのドラマで知りました。
侍女とは「王族や貴族など上流階級の婦人に個人的に仕えて雑用や身の回りの世話をする女性のこと」だそうです。婦人に仕えるお世話係ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

This day we played on the beach, lay in the sun and laughed hard. Tough day. #HandmaidsTale – O-T @otfagbenle

The Handmaid’s Tale(@handmaidsonhulu)がシェアした投稿 –

⇧ギレアド前のジューンと夫リュークと子供のハンナ。どこにでもいるごく普通の幸せな家族。

時代設定やギレアド共和国について

時代設定はほぼ現代のアメリカです。しかし環境汚染や感染症などの影響で出生率が95%も減少し、国を維持することがとても難しくなっています。なのでもう少し先の時代かもしれません。

このまま少子化が進めば国家が滅亡するのではないかと危機感を感じているキリスト原理主義者がクーデターを起こし、アメリカ内戦を起こします。そして全体主義国家であるギレアド共和国を成立するのです。新しくギレアドの法律が制定され、一瞬でアメリカ国民はギレアド国民になるのです。

早めにこの状況を察知してカナダなどに逃亡した人は、そのまま幸せに暮らすことができています。ただここで離れ離れになってしまうと、カナダとギレアド(旧アメリカ)の入出国は簡単ではないので会えないままになります。

それが主人公ジューンと夫のリュークです。

ギレアド国の特徴
・徹底的な男尊女卑の社会。
・子供を増やすことが最優先。
・同性愛は受け入れない。
・差別的で暴力的。
・女たちは読み書き禁止、娯楽も禁止。
・処刑は日常茶飯事。
・監視役から常に監視されている。
・日用品や食品はお金はなくチケットで購入。

規則を破ったものはすぐに縛り首などの刑が執行されます。

侍女たちは名前も奪われます。ジューンもオブフレッドという名前です。これは「of ~」なので「フレッドのもの」という意味。仕える家が変わると名前も変わります。

女たちは男たちに仕えることが絶対条件で、そのために女たちの職や財産は全て奪われます。

妊娠可能な女たちは子供に恵まれない司令官夫妻の侍女として、子供を産むためだけに存在します。妻の膝の上で、夫の司令官と関係を持つ『儀式』はとても滑稽で衝撃的でした。

読書などの娯楽も全て禁止。もちろんネットやスマホもなし。

女性はみんな制服のようなワンピースを着て色分けをして立場を示しています。

司令官の妻はグリーン、女中はグレー、侍女は赤。

 

皆、絶望の中で暮らしています。「目」という監視に常に見張られているので言葉や行動には注意が必要です。

本音を口にすることはできないけれど、女たちは皆心の中で「間違っている」と確信しています。

この国がどのようになっていくのか・・侍女たちや他の女たちは元の姿を取り戻せるのか・・絶望の中にも希望があるドラマになっています。

シーズン1は?(全10話)

シーズン1は現在と過去(内戦前)を行ったり来たりして、どんな残酷な国家なのかを淡々と描いています。普通に何不自由なく暮らしていた人たちが、理不尽な世界に入れられる様子はなぜか他人事とは思えません。

今までの自由の国アメリカがじわじわと変化し、違う国へと変わっていく様子がリアルで怖いです。

そして何より女性への扱いがひどい。ひどすぎる。

どのシーズンを通しても目を背けたくなる映像ばかりです。

主人公のジューンは夫と子供と一緒に逃亡をする途中で見つかり、夫のみカナダへ逃亡することができました。ジューンと子供はギレアドで引き離され、子供は司令官の養子として迎入れられます。ジューンは子供が産める体を持っているので侍女として生活することになります。

ギレアドと諸外国は同じ時代になのに別世界です。そのギャップが見ている人に辛さや怒りを沸き起こさせています。

シーズン1の見所はそんな厳しい生活をしている中での恋愛ですね。ジューンは司令官の運転手のニックと恋愛をします。恋愛さえも命がけ。ヒヤヒヤが止まりません。

このニック、最初出てきても全然興味なかったのに観ていくうちに惹かれていきます。敵ばかりの世界で味方の男性がいたら惚れてしまいませんか?まんまと惚れてしまいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

It’s lack of love we die from.

The Handmaid’s Tale(@handmaidsonhulu)がシェアした投稿 –

⇧ニック役のマックス・ミンゲラ。かっこよく見えてくるドラママジック。

シーズン2は?(全13話)

シーズン2はジューンの妊娠・出産が中心に描かれています。お腹の子供の父親はニックです。ギレアドの状況は何も変わっていません。逃亡するチャンスもあったけど、最後の最後でダメになります。

みんなそれぞれ思うことがあるのだけど、本音は口に出来ないので仕草や表情でお互いの気持ちを理解をしなければなりません。

そしてシーズン2のヒヤヒヤポイントはジューンの態度です。司令官の妻とも仲良くなったり喧嘩したりと一触即発です。この二人、似たもの同士なんですよね。

「なんでそんな口の聞き方するの〜?そんな行動したらダメ!」とヒヤヒヤしすぎて視聴者がジューンに一言いいたくなるシーンが満載。

でも最後の司令官の妻の決断は、まさに希望でしたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Another snap from set captured by @minghellamax in between shots. This is the Waterford home. -YS @therealyvonnestrahovski #HandmaidsTale

The Handmaid’s Tale(@handmaidsonhulu)がシェアした投稿 –

↑司令官と妻。ウォーターフォード夫妻。

シーズン3は?(全13話)

そしてシーズン3は「ギレアドの子供達」がテーマです。

ギレアドで産まれたジューンの子供は同じ侍女の友人とカナダに逃げ切れました。カナダにいるジューンの夫のもとで育てられています。

状況はだんだんとギレアドの国とっては不利になってきているけれど、国民にとっては厳しいものとなっています。ピリピリしているのですぐに罰や処刑が執行されます。

そんなときウォーターフォード夫妻がカナダで捕まります。妻が子供(ジューンの産んだ子だけど)に会いたくて夫を騙し、アメリカ合衆国と司法取引を行ったのです。

それと同じ時期に「ギレアドの子供達を救いたい!」とジューンが立ち上がります。

52人の子供たちを連れてカナダへ逃亡できるのか・・・?というのが最大の見どころです。

シーズン3の後半からジューンも別人のようになっていきます。侍女たちや女中たちからも一目を置かれ、女たちのリーダーとなっていきます。更に強い女性になり、完全に吹っ切れています。ここから大きく物語が変わるような気がしますね。

続編は?

気になって気になってどうしようもありませんが、シーズン4は2020年3月から制作開始されます。制作してからhuluでの日本での配信はおそらく一年はかかるだろうと言われています。

ということはハンドメイズテイルのシーズン4は早くても2020年の冬〜2021年2月ごろとなりますね・・。

⇩シーズン4の内容をアメリカのサイトで書かれていたものをまとめました。

「ハンドメイズテイル」シーズン4はいつ?ジューンはどうなる?ニックは登場する?気になる内容を徹底調査!
「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン4の最新情報です。いつから配信されるのか?ジューンはどんな罰を与えられるのか?ニックとの関係はどうなるのか?カナダに住む家族や友人の動きは?待ちきれないあなたへアメリカの情報サイトから最新情報を入手しました!

情報が入り次第、更新します!

ume
ume

待ちきれない・・!!!

シーズン4は女たちの反撃となるか!!見ものです。

ハンドメイズテイルは観るべきか

ずばり!観るべきです。

シーズン1で「私たちは歩く子宮」と言っていたセリフが忘れられません。

侍女に対しては子宮だけあればよく、言うことを聞かないと腕を切られたり、目をえぐられたりします。嘘でしょ?と思うようなことを平気でやっています。今まで仕事などをバリバリやっていたり、不自由なく暮らしていた人たちがいきなり虐げらるのを見ると自分を重ねてしまいます。

シーズン1からシーズン3までギレアドの状況がほぼ変わっていないのにここまで引きつける演出はすごいと思います。飽きさせません。

希望がゼロではないから、何かいい方向に向くのではないか?と私も希望を抱きながら、次の回こそは!と思って見てしまいます。実際は期待させてドーンと落とされるばかりなのですが・・。

このドラマの欠点は、見るととても疲れるということ。ずっと眉間にシワを寄せながら観る感じです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

❤️

The Handmaid’s Tale(@handmaidsonhulu)がシェアした投稿 –

感想のまとめ

「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」は世界観が作り込まれているドラマです。

現実的に実際に起こり得るのではないか・・という可能性がゼロではないからリアルに感じます。

実際、作者は取材をもとに小説を書いたと言っているので、どこかで起こっていたか起こっている・・ことなのです。(こわい・・)

観て損はありませんが、家事の合間のブレイクタイムで観ることはオススメしません。続きが気になって観るのが止まらなくなるから。家事が進みません。そして子供が寝静まってから観ましょう。映像が残虐ですし、眉間にしわを寄せてすごい顔で見ている母を子供たちは心配します。

このドラマは人種差別はありませんが、性同一性障害や女性への性差別はすごく強く描かれています。理不尽すぎて目を伏せたくなる映像はたくさんありますし、観ていて辛くなることもあります。

そんな中でも女性たちの強くてたくましい姿は美しいです。

最後は侍女も妻も関係なく女たちが男たちと戦う姿を期待しています!

シーズン4にも期待大です。

 

「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」を観てどう思ったのかみんなの意見がぜひ聞きたいですね。

\こちらから!/

hulu公式サイト

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました