先生たちの判断と就学相談の進み方【発達障害】

子育て
スポンサーリンク
✔︎集団生活において子供の発達が少し心配・・
✔︎なんだかちょっとだけ周りと違うような・・
✔︎先生たちの意見を聞きたい・・
✔︎発達障害のグレーゾーンかな・・?
✔︎発達障害だったから今後どのような進路を進むのかな?

これは長男が3歳〜4歳ぐらいの時に私たち夫婦が思っていたことです。

子供に対して漠然とした不安がありました。

この子はこれから学校生活を送る上で困る事が多いのではないか・・

しかし、私たちにとって第一子のため、何がどう心配なのか具体的にわからない部分もありました。

私たちの心配しすぎ・気にしすぎなのでは?

この想いがずっとあって、子供が今後困るのか・・気にしすぎなのか・・とぐるぐると考えていました。

私たちは思い切って先生に相談することにしました。

まず先生に相談した事が、私たちが長男ときちんと向き合うスタートラインになりました。

結果的に長男は発達障害(自閉スペクトラム症・場面緘黙症)と診断され、先生や専門分野の方にたくさんのアドバイスと配慮をしてもらい良い方向に成長しています。

今回は長男の保育園、幼稚園時代の先生たちのアドバイスと就学相談についてまとめました。

就学相談については地域によっても変わると思います。大体の流れで見てください。

スポンサーリンク

4歳・保育園での先生の見解

4歳の頃、家では話せるのに保育園では話せないことに違和感を感じ、先生に相談をしました。

手紙で今の心配事と先生の意見を伺いたい旨を書きました。

手紙に書いた心配事とは・・
♦家以外で話せないこと
♦不安が強いこと
♦小学校に上がってスムーズに学校生活や授業を送れるのか心配していること
♦専門の機関に相談したいけれど保育園の様子を詳しく教えてもらいたいこと
♦先生は長男のことをどのように感じるかを伺いたいこと

正直、私たちは長男しか子供を見ていないので、発達障害の可能性があるのか判断がつきませんでした。
先生たちは何百人と子どもたちを見てきているので、子どもの様子である程度の判断はできるのかな?と思い、聞くことにしました。

結果、あまり意味はありませんでした。
面談を行いましたが、「長男くんに関しては全く問題ありませんよ。他に心配になる子は何人かいます。」

「話せないことが気になる気持ちも分かりますが、もう少し様子を見ましょう。子供は急に成長しますよ。」と言われました。

この言葉で専門機関に相談することは様子を見ることにしました。

5歳・幼稚園での先生の見解

引っ越しをして幼稚園に転園しました。

話すことはできないままでした。

面談で先生の方から「早い段階で専門の機関に相談してみたほうがいいですよ。」と言われました。

その先生は前に担任をしていた園児が同じように話すことができず、小学校では支援学級に入った経験がありました。話せないけれど園生活は全く問題なく過ごせていたので指摘しないまま小学校に上がりました。もっと早くに発達センターに相談するように促せば、少しは話せるようになったかもしれないと後悔したそうです。

そのため、『気になるのであれば相談だけでもしてみたほうがいいですよ』とアドバイスをもらいました。

そこで市の療育センターに電話をし、面談を申し込みました。

5歳・療育センター

2ヶ月後ぐらいで面談の予約が取れました。

話すことが出来ない、不安が強いということで、発達診断テストを行うことになりました。

しかし、きちんと理解していても話せないことで理解していないと判定されると説明がありました。

とりあえずテストを行うことにしました。

私と一緒であれば言葉が全く出ないので私は別室で待ち、長男と療育の先生のみで行います。

質問に対してわからないことは「分かりません」ときちんと言うことが出来ました。

想像力を働かせて書くような問題や、絵を描いて表しなさいといった問題は回答ができませんでした。

結果は長男のIQは3歳程度とのことでした。凹凸が見られる、軽度の知的障害もある。

そこで医師から出た診断は「自閉症スペクトラムと場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)」という診断でした。

医師からはこの診断名を軽い気持ちで園や学校に言うと、先生たちが診断名のみで判断してしまうのでわざわざ言う必要はないと言われました。診断名は大切に扱うようにとアドバイスをもらいました。

 

親がいると話せない
長男は私たち親が見ている場所では、言葉を発する事ができませんでした。
家でも外でも親と長男では会話ができるのに、そこに家族以外の第3者が混じると話せなくなりました。
ずっと不思議に思っていて、話さないことを怒ったこともないのに私たちの視線が気になるようでした。
私たち親が見ているだけ、そばにいるだけで、いつもは話せる友達とも全く会話をしないのです。
今思うと、「話すところが見たい!」と言う期待した目で見ていることを、長男は分かって不安に思っていたのかもしれません。
就学相談の時に専門家の方に聞いたら「それは良くあることですよ」と言われて涙が出そうになりました。

6歳・小学校の進路

療育センターに月に一度通いながら、今後の進路についても相談をします。

私たちの選択肢は下記のどれかになります。

特別支援学級 個に配慮した学習支援と通常の学級での交流を行う
通常の学級+通級指導教室(言語) 週に1回程度のニーズに合わせた支援を行う
通常の学級のみ

医師からは支援学級を勧められたため、就学相談を受けることに迷いや悩みはありませんでした。

私たちも通常の学級、支援学級とこだわらず、長男が困らずに生活できることを優先に考え、市の就学相談でもう一度相談することにしました。

就学相談をすると決めてからは小学校の支援学級に見学へ行ったりして、様子を聞いたりしていました。

就学相談の流れ

就学相談は学校教育で特別な配慮を要すると考えられる児童生徒に対して、適切な学校教育を受けられるよう就学に関する相談等を行うものです。

申し込み開始

説明会などを聞き、5月から申し込みが開始され、8月と9月で実施されます。

幼稚園を通して申し込みをします。就学相談票に記入をし、幼稚園側も資料を用意し、それらの書類を併せて幼稚園から発達センターに提出をしてくれます。

就学相談の内容

就学相談の内容は運動検査と面談と就学時健康診断を行いました。

面談では就学先(支援学級か通級かなど)についての家族の考えや、日常の困りごと、心配事などを言います。

就学時健康診断は新入学生全員が入学前に学校で行うものを、先に就学相談の時に行います。そのため学校での健康診断は受けませんでした。
学校で受けるか就学相談で受けるかは選べました。

観察相談会

通級指導教室を希望する場合は12月に観察相談会に参加します。

観察相談会ではビデオを各部屋で回して、それぞれの部屋で遊んで、その姿を観察するというものでした。

親は同じ部屋にいて座って待ちます。遊ぶのは子供達なので、遊んでいる子供の近くに行って一緒に遊ぶことはできません。

結果

結果は3月に郵送で送られてきます。

市の判断に同意の場合はその旨を返信し、入学通知が送られてきます。

結果に対して反対の場合は再度相談となります。

 

どの学級に行くのか決める

市の就学支援委員会で総合的に見て、どの学級が適しているか意見をくれます。

しかし基本的には親が決めなければなりません。支援学級にするのか、通常学級にするのか、通級にするのか。

通級指導教室は年々希望者が増えているため、通える可能性は低いと療育センターで早い段階で言われました。

まずは通級指導教室で様子を見て、問題がなければそのまま通常学級へ、難しそうであれば支援学級に入れたい、という考えが多かったです。

面談時には「医師からは支援学級を勧められました。でも支援学級か通級か悩んでいます。一番は長男が困らずに学校生活を送れるようにしたい」と伝えました。

支援学級も検討していると伝えたので、このような場合はほぼ支援学級になるのです。

しかし、市の就学支援委員会の判断で長男は「通常学級+通級指導教室」へ進むことになりました。

これが良い判断か悪い判断かは、通ってみないとわかりません。

結果的に長男にとっては良い判断となりました。

2年生まで週に一度、学校終了後に通級を受けるため別の学校へ通いました。

そして3年生からは通級を終了させて通常学級のみとなりました。

今は通常学級でほぼ困りごとがありません。

「子供は一気に成長しますよ」と言う保育園の先生のアドバイスは間違いではありませんでした。

子ども自身も大きく成長しましたが、先生たちの配慮のおかげでもあります。

通級での先生たちの指導はとても影響しています。

 

通級の指導内容と小学校の配慮についてはこちらの記事に書きました。⇓

 

スポンサーリンク
子育て 子どもの発達障害
umeをフォローする
Ume note

コメント

タイトルとURLをコピーしました