映画「ロマンスドール」の動画はどこで見れる?R12の大人のラブストーリー/VOD感想ブログ

U-NEXT

今回は最新映画の「ロマンスドール」の感想です。

高橋一生も蒼井優も大好きな俳優さんです。この二人が共演しているなら見るしかない!

純愛×性愛×ドールという組み合わせで物語がまとまっています。

嫌な余韻はなく、清々しささえ感じる終わり方。必見です!

コロナの影響で映画館で見るのは少し怖かったので、自宅で見れるとは嬉しいサービスで見ることができました!

「ロマンスドール」の動画はどこで見れる?

2020年1月24日上映を開始した「ロマンスドール」。

早くも動画配信サービスのU-NEXTで独占配信されています。

U-NEXTは月額制のサービスですが、無料体験があるので31日間は月額料が無料となります。

「ロマンスドール」のレンタル価格は1500円となっています。

無料期間中は600ポイントもらえるので実質900円で最新映画の「ロマンスドール」を見ることができます。

ume
ume

3日間のレンタルなので3日間は何度でもてっちゃんに会えます!

無料期間が終わると月額1,990円かかります。ポイントは1200ポイントもらえます。

漫画や雑誌もあるので最新映画やドラマ、アニメなどダントツの配信量なので飽きることはありません。

最新映画などはレンタル制となっていますが、ポイントが必要ない見放題の動画もたくさんあります。ぜひ無料期間中にどんなサービスなのかを実際に見て体験して欲しいです。31日間あるので見たかったドラマや映画をまとめて見ることも可能ですよ。

\「ロマンスドール」を3日間何度も見れる!/

※31日間以内に解約することを忘れないでくださいね!

「ロマンスドール」のあらすじ

一目惚れをして結婚した園子と幸せな日常を送りながら、ラブドール職人であることを隠し続けている哲雄。仕事にのめり込むうちに家庭を顧みなくなった哲雄は、恋焦がれて夫婦になったはずの園子と次第にセックスレスになっていく。

U-NEXTより抜粋 

映画の脚本、監督を努めたタナダユキさんのオリジナル小説を映画化しています。

タナダユキ監督は「モル」でデビューし、永山絢斗主演の「ふがいない僕は空を見た」や蒼井優主演の「百万円と苦虫女」が代表作となっています。

どちらもU-NEXTで視聴可能です!(2020,3月現在)

キャスト

▶︎北村哲雄(演:高橋一生)

美大卒業後、フリーターをしていたところ先輩の紹介でラブドール製作会社に入社する。最初はやる気はないけれど、良い師匠に恵まれラブドール製作に夢中になっていく。

高橋一生の声が好きです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ドール作りも、板についてきた。 #楽しいかも #職人 #工場 #真剣 #side哲雄

『ロマンスドール』ふたりの10年(@romancedoll_album)がシェアした投稿 –

▶︎北村園子(演:蒼井優)

美術モデルとして哲雄と出会う。男性が理想とする女性像。

山ちゃんと結婚されても透明感があり、雰囲気が大好きです!

▶︎相川金次(演:きたろう)

ラブドールの造形師。哲雄の師匠的存在。

金次の言葉はなんだかとても重みがありましたね・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

「おっぱいをバカにすんなっ」 #何故か怒られた #side哲雄

『ロマンスドール』ふたりの10年(@romancedoll_album)がシェアした投稿 –

▶︎田代まりあ(演:渡辺えり)

哲雄の会社の事務担当。みんなの母親的存在で支えてくれる。

こういうお母さん的存在が会社にいるのといないのとでは全然違うよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

相川さんと田代さん、息ぴったり。 #工場勤務 #きんきん #まりあ #まるで夫婦 #職人 #side哲雄

『ロマンスドール』ふたりの10年(@romancedoll_album)がシェアした投稿 –

▶︎両角(演:浜野謙太)
▶︎ひろこ(演:三浦透子)
▶︎久保田薫(演:ピエール瀧)
▶︎原田(演:大倉孝二)

ピエール瀧は個人的に好きでした。逮捕されるシーンがあって、現実になったんだなーとちょっと悲しくなりました。色々とあると思いますが、また活躍する姿を見たいですね。

「ロマンスドール」の個人的感想(少しネタバレあり)

少しだけネタバレ有りで書いています。

まずは完全に個人的な評価です。

個人的評価:★★★★☆
内容は大人のラブストーリー。
少し過激なシーンもあるのでR12指定されています。でも濡れ場も全然いやらしくなく、美しく映していました。
そして設定が面白いですよね。ラブドールの造形師って。なかなかスポットの当たらない職種で興味深く見ました。
どんどん進化していくリアルな人形は物づくりの職人たちの努力の賜物ですね。素晴らしい!

小さな嘘からどんどん重くなる

最初は一つの嘘から始まり、どんどん嘘が重なって自分自身を苦しめていく様子がリアルでした。その嘘が埋まらなくなり、理想の女性を幸せにできなくなる。

大好きな女性と結婚してもこうやって気持ちが離れ、家から離れていくんだと男性目線で描かれています。

脚本は女性なのにこの辺の男性目線は素晴らしいですよね。

変わらない日常のなかで、少しずつ何かが変わっていっている。変わっていない日々の中で変わっている二人の気持ち、すれ違っていく姿がとても印象的でした。

ふたりの本当の愛

 

この投稿をInstagramで見る

 

この人となら、だいじょうぶ。 #いい夫婦の日 #結婚しました #哲雄と園子 #夫婦

『ロマンスドール』ふたりの10年(@romancedoll_album)がシェアした投稿 –

園子の秘密を哲雄に伝えたシーンは良かった!

哲雄の目がどんどんウルウルしてきて、哲雄の「今まで俺は何をしていたんだ・・」という心の声がだだ漏れで、後悔やら驚きやら悲しみやら入り混じってる演技は素晴らしかったです。

なんだかいろんなシーンが思い出されました。

ここから園子と哲雄の本当の恋愛が始まります。

園子とラブドール

この映画はラブドールという存在が中心にあると思います。

冒頭のシーンも園子が人形になってしまうような描き方をしています。

ラブドールはダッチワイフというだけあって男性目線の理想に近いお人形。

園子は男性の理想とする女性です。哲雄にとって園子は理想であり最愛の女性であるけれどどこかお人形のような存在だったのかも。

それが、園子の秘密を知り、お互い歩み寄ったことで園子は一気に人間らしく生々しくなっていく。

「私を作って!」という園子はちょっと鬼気迫るものがありました。

蒼井優の透明感が素晴らしい

園子目線では全く描かれていません。園子がどういう思いだったのかは女性であれば理解できる部分も多いと思います。
男性が見たらどう思うのか、また捉え方が違うのかな?
それにしても蒼井優の透明感素晴らしい!どんどん痩せていく姿は弱々しいのだけれど、女性の強さも感じました。
ume
ume

園子の「てっちゃん」と呼ぶ声が好き!

見終わった後は良い余韻が広がる

 

この投稿をInstagramで見る

 

僕らの、10年。 #10years #10年 #絵 #夫婦 #哲雄と園子 #さよなら

『ロマンスドール』ふたりの10年(@romancedoll_album)がシェアした投稿 –

前半は二人のすれ違いっぷりがとてもリアルで、現実の夫婦もこんな感じですれ違っていくんだろうな・・と感じさせる演出でした。何か大きな問題があるわけでもなく少しずつすれ違う。

お人形のような理想の園子がどんどん人間らしくなって哲雄もびっくりするぐらい積極的になってきて、お互いの見え方も変わってくる。

哲雄が狂ったように園子の人形を作るシーンは死を受け入れようと必死になってい姿で見ている方も一緒になって受け入れることができたと思います。

だからこそ最後の浜辺のシーン、汚れた浮き輪みたいなダッチワイフを眺める哲雄も最後の一言もなんだかジーンと心に染み渡ります。

みんなの評価

まとめ

 

大人のラブストーリーですが、ドロドロした人間模様やエロさもなく、とても美しく綺麗な映画でした。

見終わった後は「あ・・良い映画見たな・・」と心が少し軽くなるはずです。

映画館もいいですが、 U-NEXTでのんびりと家で見るのも最高ですよ。

2回目も3回目もレンタル中は何度も見ることができます。

気になったシーンは戻して見たり。

じわじわくる「ロマンスドール」は掘り下げて見てほしい作品です!

 

\「ロマンスドール」を3日間何度も見れる!/

※31日間以内に解約することを忘れないでくださいね!

この作品で蒼井優のファンになった方はぜひ若い頃の蒼井優も見てください。変わらない透明感。「花とアリス」は蒼井優のための映画って感じですよ!

映画「花とアリス」バレエのシーンが印象的!動画を無料で見るには?/VOD感想ブログ
今回は岩井俊二監督の「花とアリス」の感想です。 2003年にキットカットの30周年を記念してネット配信された短編映画が2004年に長編映画化されました。 今ではネット配信って当たり前だけど、当時としてはとっても新鮮だったと思いま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました