注文住宅の相場は?我が家の見積もり価格を大公開!<マイホームブログ>

マイホーム
スポンサーリンク

注文住宅での家づくりっていくらお金がかかるって知ってますか?

私は知りませんでした。

この価格ぐらいで建てたいな・・とざっくりしたものでした。

見積書の説明を受けるときはどんどんプラスされる価格に血の気の引く思いでした。

私たちのキャパ超えてないですか・・・って心の中でずっと夫に話しかけていました。

特に初めての見積書は高めに設定されています。最終の見積価格より500万円以上は高かったです。

帰りの車では顔面蒼白でした。

注文住宅とか身分不相応なんじゃない?

でもそこから工務店も頑張ってくれてなんとか手の届くところまで価格を下げる事ができました。

今回は我が家の見積価格を大公開します!

スポンサーリンク

注文住宅の価格の相場は?

まずは注文住宅のお金の相場を見てみましょう。

建物の平均の延べ床面積は地域によっても変わりますが、35坪〜40坪と言われています。

そして気になる建物価格の相場は??

注文住宅の戸当たり建設費の全国平均は、3,312万円(2015年度3,231万円)と上昇した。最高は東京都の3,934 万円(同東京都3,849万円)、最低は島根県の2,514万円(同鳥取県2,649万円)となった。引用:2016年度フラット35利用者調査より

約3300万円なんですね。注文住宅ってやっぱり高いですよね。

価格に大きく関係するものは地域広さ階数です。

我が家の見積もりを大公開!

45坪の土地に延べ床面積32坪の3階建ての家を建てます。3階(9坪)は大人が立てる程度の高さの屋根裏部屋みたいな感じです。子供部屋になります。

端数は切り捨てて、少しざっくりと書いています。

土地代は含んでいません。

建物・付帯工事費

本体価格 2290万円

付帯工事 700万円

付帯工事の内訳は排水工事、ソーラーシステム、造作家具、照明、カーテン、外構・造園工事、ウッドデッキ、木塀工事も含まれています。

他社では照明は施工面積の坪数×1.5万円、カーテンは坪×1万円、外構・造園工事は100万円で見積りをすることが多いと言っていました。どこも大体同じくらいでしたね。

造園は何本か木を植えて部分的に芝をはる予定です。それらも含まれています。

ソーラーシステムや太陽光発電は大体100万から200万ぐらいでした。

官公庁等手続きや設計施工管理料も含まれています。

消費税も含めるとこの時点で約3200万円!

諸経費・その他

その他 60万円

内訳は地鎮祭(3万円)、上棟式(8万円)、引越し費用、井戸解体、水道加入金、下水道負担金、地盤調査と地盤補強が含まれていました。

地盤調査は4万円ほどでしたが、我が家は調査の結果、地盤補強は必要ありませんでした。一般的に見積もりには80万円ぐらいを予算に含めるそうです。

エアコン代や引越し費用はその他に含まれます。ローンにも組み込む事ができます。

 

諸経費 185万円

収入印紙代、建物登記費用、火災保険料、つなぎ融資金利、銀行手数料などが含まれています。

火災保険料は見積もり段階は40万円(5年間)になっていました。

これを1年に変えれば10万円程度になるそうです。まとめた年数分を払ったほうが安くはなります。

諸費用を抑えたい場合は火災保険料で調整することも出来ます。

土地以外の全ての価格は約3400万円になりました。

この価格に土地が必要であれば土地の価格が含まれます。

結局、全国平均あたりの価格になりましたね。

まとめ

地盤改良や水道の引き込み、土地が小さいので外構工事も少ないというのも価格を抑えられたポイントになります。

これらの別途工事が含まれてくるとプラス200万円ぐらいは必要だったかもしれません。

土地の状況によって建物価格も変わってきます。きちんと確認することが必要になります。

例えば三角形などの小さな変形地の土地は材木の長さや形が特殊になるため材料費から高くなると聞かされました。変形地の土地は安いんですけどね。私たちは出来るだけ四角い家が建てられるように土地の形も考慮しました。

オプションも最低限にしています。薪ストーブ(プラス100万)とか本当はつけたかった・・。ひのき風呂(プラス100万だったかな?)とかも憧れましたよ。(カビさせそうだけど・・)

【注文住宅】予算内に収めるためにプラン時に諦めたこと<マイホームブログ>
せっかく家を建てるなら自分たちの理想をふんだんに取り入れた家を作りたいと思いますよね。しかし、溢れる資金がない限り現実を突き付けれることになります。私たちも予算の関係で諦めたことがありました。

 

そして、これは見積もりです。

工事が着工したら更にやりたい事が増えてプラスになる事が多いと言います。

ポイントは今(建築中)やらないと出来ないことは追加料金を出してもやるべきだそうです。

建ってからでも出来るような変更点は、後からやればいいと言われました。

なるほど〜。建ててる途中しか出来ない事を優先ね!

50万〜100万ぐらい余裕をみると着工後に色々出来るイメージでした。

 

資金計画は家づくりでとても大切な工程になります。後からどのくらいの追加料金が発生するのか、全て含まれているのかきちんと確認しましょう。

私たちもお金についてはたくさん悩みました。何もわからない時に設定していた予算からもだいぶ上がりました。それでも諦めずに削れるところはないか住宅会社も含めてたくさん話し合いました。

抑えるところは抑えるという予算の調整がしやすいのも注文住宅の良さだと思います。

注文住宅は高い!!と諦める前に、抑えるところとお金をかけるところをもう一度洗い出してみてください。

自分の理想の家を建てられるかもしれません。

子ども部屋は作らない?5人家族であえて小さな家を建てる/マイホームブログ
5人家族で小さな家を建てます。土地も家もコンパクトにする事。そうする理由は色々とありますが、一番は無駄に物を増やしたり、無駄な部屋を増やしたくないからです。そのため子供部屋はありません。そんな小さな家について書きました。

 

 

 

間取りプランがホントに0円!注意点あり!
複数の大手ハウスメーカー27社(全国600社以上)の資料を一括請求できるサイトがあります。
無料で比較検討が可能です。
このサイトで無料でできること・・①間取りプラン ②注文住宅費用 ③土地探し
 

〜利用する場合の注意点〜
▶︎営業の電話はかかってきます
電話はバンバンかかってくることもあります。
メーカー側も詳しい話を聞かないことには間取りプランや資金計画は出すことが難しいのです。
ある程度、土地の条件や希望の間取りなどが決まってから依頼した方がいいですよ。
子育て世代にとって営業電話ほど、鬱陶しいものはないですよね。
依頼時に電話に出れないのでメールで連絡してほしいと記載するといいかもしれません。▶︎違うと思ったら断ること
そして営業の対応が嫌だとか、ちょっと違うなと思ったらきっぱりと断りましょう!
「考える時間が欲しい」や「イメージと違った」など、気持ちを言った方がいいです。
営業担当は断られることには慣れています。大丈夫です!

▶︎プランや資金計画が出てこない可能性もあります
本気度が見えないと、メーカー側もきちんと対応してくれない可能性もあります。
そんなに簡単にプランや資金計画は出てくるものではありません。
家庭によって収入や使える資金、希望の間取りは変わるので話を聞かなければ出せません。

これらのことをきちんと理解した上で利用するといいと思います。
うまく利用できれば、手間がかからずメーカー比較ができますよ!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
マイホーム 家づくり
umeをフォローする
Ume note

コメント

タイトルとURLをコピーしました