ハウスメーカーへの断り方。断った時の反応は・・?/マイホームブログ

マイホーム
スポンサーリンク

 

ume
ume

私の経験した家づくりのあれこれをマイホームブログとして書いています。
2020年6月に完成予定です。

今回は「ハウスメーカー選びの番外編」です。

ハウスメーカー選びについては書きましたが、書ききれなったことをもう少し詳しく書いてみようと思います。
我が家はハウスメーカー4社に断りを入れました。その時のハウスメーカーへの断り方や反応も書いています。

【注文住宅ブログ】ハウスメーカー選ぶ時期とポイントを実体験からシェア!
私たちのハウスメーカーの選び方や選ぶときの流れをまとめました。私たちは重視するポイントは何かをきちんと考えながら最終的には社風や人柄で選びました。
スポンサーリンク

住宅メーカーの特色を知る

数ある住宅メーカーから選ぶとき、ある程度自分たちの好みのメーカーに絞られると思います。

私たちは4社でした。

木の家が良かったので、鉄骨の家は最初の段階で候補から外れました。

木造でもローコスト住宅やデザインが好みでないものも候補から外します。

注文住宅はイチから作れる分、どのような外観にするか選びたい放題で分からなくなりませんか?

私たちは性能も大事でしたが、まずは外観から家づくりを始めました。

外観のデザインを妥協したくなかったのです。

自分の建てたい家はピンタレストやインスタ、ルームクリップで検索しまくり、スクリーンショットで保存していくことをお勧めします。

一覧を見ていると自分の好みが明確になってきます。結構似たようなものばかりになりますよ。

そこから、候補の住宅メーカーに自分のイメージの写真を見せて、希望を言います。

ここから要注意!!!

注文住宅のメーカーは基本的に『なんでもできますよ!!』と言います。

「なんでも出来ます」って・・?

外観のデザインなんてどうにでもなると言うのです。

確かに似たような感じにはなると思いますが、やはり会社のカラーが出てきます。

今までの実例をたくさん見せてもらい、このハウスメーカーで好みの家を建てたらこんな感じになるのかな、と想像することが大事です。

その『こんな感じ』の家で問題がなければ話を進めてもいいと思います。

何かイメージと違うな、と思う場合はやめておいたほうがいいです。

「なんでも出来ます」って逆に自分たちの作る住宅にこだわりはありませんって言っている気もしませんか?

やはり、その会社のカラーは大事にした方がいいです。

なんでも出来ますに流されてカラーと違うものを作ると、ちぐはぐな家になります!

どの会社も自分たちの建てる家にポリシーを持って作っているはずです。

結果的に「なんでも出来ます」と言った3社は断ることになりました。

一度全ての住宅メーカーを断った。営業担当の反応は?

今まで全力で対応してくれていたハウスメーカーを断るのは勇気がいります。裏切っているような気持ちになるというか・・。申し訳ない気持ちがとても強くなります。

断り方ってとても悩みますよね。ポイントは嘘はつかない、自分の気持ちをそのまま伝えるべきです。

ハウスメーカーの営業マンは断られることにも慣れています!!

断られた時のノウハウもあります。なのでぐいぐい引き止めてきます。

そこは後悔しないように心して断りましょう!

 

私たちは色々と悩んだこともあって、4社中4社に断りを入れています。

断ることで会社のカラーが見えてきます。

断るときは電話でサクッと断って良いです。営業マンはほぼ「もう一度、最後に会えませんか?」と言ってきます。私たちは「もう一度会いたい」と言われた場合は、なんとなくお礼も兼ねて会って断っていました。でも今思えば会う必要はなかったかなと思います。

そもそも断るのに最後に一回会ったところで決意は変わりません。営業マンは引き止めて営業トークを始めます。お互い時間の無駄だと思います。私は電話ではっきりと今の気持ちを言って断る方がお互いのためと思います。

感謝と誠意を持って断れば、相手もわかってくれますよ。

営業マンによって反応が違う

実際に会って断った時の反応は営業マンによって違います。私たちもしっかり決意していても少しでも迷いがあると、その隙を営業マンは見逃しません。

私たちの実体験です。

A社

「他のメーカーにします」と社名を出して断りました。その会社を選んだ理由を何度も聞いてくるので、逆にA社を断る理由をはっきりと言いました。「デザインが好みでない」と。
最後は「お客様の納得する家を建てて欲しいです!」と納得した様子を見せましたが、その後に雑談していたら選んだ会社のネガティブ情報を言ってきました。
いらない情報ばかりを言われて、とても嫌な気持ちになりました。往生際が悪い!1時間ぐらい話をして帰りました。

B社

新人の営業さんでした。同じように会って「他の会社にします」と言った後、「お客様の選んだ会社について私も色々と勉強させてもらいました。とても素晴らしい会社ですね。知れば知るほど引き込まれました。私が言うのもおかしいのですが、お客様が選んだ理由がわかりました。素敵な家を建ててくださいね」と、言ってもらえました。
ここはしつこく説得はしてきませんでしたが、「もう我が社は1ミリも検討の中に入れませんか?」と控えめに言われ「そうですね・・」と答えて、和やかに終わりました。最後まで真摯に対応してもらえ、いい会社だなと思いました。

C社

最終まで悩んだ会社でした。なので私たちにもほんの少しだけ迷いがありました。
「違う会社にする」と言ってから何度か会うことになりました。最後に1度と言わず3度くらいは会いました。私たちも多少の迷いがあったのでズルズルと話を聞いてしまいました。
最終的には性能はグレードアップして、価格は下がると言う条件で建てることができる特別な提案をしてきました。もう少しこの提案が早ければC社にしていました。
しかし営業さんが推しがとても苦手な方だったのと、最終決定の会社を諦めきれなかったのではっきりと言いました。「性能はすごく良いし悩みましたが、他社に決めましたので・・」と断りました。最後は営業マンもやりきった感があったのか「ぜひ建ったら遊びに行かせてください!」と吹っ切れたようでした。

D社

第一希望で、このD社に決めました。しかし価格が高すぎたので、一度断りを入れました。その時、一旦は「残念です。もっと私ができることがあったのかもしれません」と言われ終わりました。しかし翌日、もう一度連絡があり、「ご希望に近い価格で建てれるかもしれません!もう一度一緒にチャレンジしてみませんか?」と言われました。営業さんが一日、必死で調べてくれて過去の実績を洗い出してくれ、建てれる価格での見通しが立ったのでした。そこでこの工務店で建てると決定しました!

 

どの会社も営業マンが違えば、結果が変わっていたかもしれません。

最終的に決めた工務店は営業マンの人柄やタイミングがピタリと合うことで、選ぶことが出来ました。この営業マンがいなければ、D社で建てることは出来なかったと思います。
難しい問題でも、よく考えて他の方法を考えていけば解決が出来るといいます。今はとても頼りきっています。

まとめ

私たちの経験したメーカー選びの番外編です。

希望していても一旦断るというのは、試しているようでちょっと嫌ですよね。

営業マン的にもあまりいい気持ちにはならないと思いますが、私たちは意図せず行ったところ特別な提案をしてもらえました。結局選びませんでしたが、最初の段階だったら決めてましたね。

どの会社も数千万円の契約が取れるか取れないかなので必死です。

しつこく営業はしてきませんでしたが、こちらが真剣に悩めば悩むほど、営業マンも真剣に答えてくれます。

私たちも数千万の借金を背負う当事者です。

分からないこと、言いたいことは、遠慮せず勇気を出して言った方がいいです。

後悔しないよう、とことん悩みましょう!

断るのなんて一瞬の出来事です。そこに労力を使うならこれから始まる家づくりに労力を使った方がいいですよ。

 

間取りプランがホントに無料?注意点あり!
複数の大手ハウスメーカー27社(全国600社以上)の資料を一括請求できるサイトがあります。
無料で比較検討が可能です。
このサイトで無料でできること・・①間取りプラン ②注文住宅費用 ③土地探し
利用する場合の注意点
▶︎営業の電話はかかってきます
バンバンかかってくることもあります。
メーカー側も詳しい話を聞かないことには間取りプランや資金計画は出すことが難しいのです。
ある程度、土地の条件や希望の間取りなどが決まってから依頼した方がいいですよ。
子育て世代にとって営業電話ほど、鬱陶しいものはないですよね。
依頼時に電話に出れないのでメールで連絡してほしいと記載するといいかもしれません。▶︎キッパリ断る勇気を持ちましょう。
営業の対応が嫌だとか、ちょっと違うなと思ったらきっぱりと断りましょう!
「考える時間が欲しい」や「イメージと違った」など、気持ちを言った方がいいです。
営業担当は断られることには慣れています。大丈夫です!

▶︎プランが出てこない可能性もあります
本気度が見えないと、メーカー側もきちんと対応してくれない可能性もあります。
そんなに簡単にプランや資金計画は出てくるものではありません。
家庭によって収入や使える資金、希望の間取りは変わるので話を聞かなければ出せません。

これらのことをきちんと理解した上で利用するといいと思います。
うまく利用できれば、手間がかからず比較ができますよ!

 

 

スポンサーリンク
マイホーム 家づくり
umeをフォローする
Ume note

コメント

タイトルとURLをコピーしました