【注文住宅ブログ】ハウスメーカー選ぶ時期とポイントを実体験からシェア!

マイホーム
スポンサーリンク

 

ume
ume

私の経験した家づくりのあれこれをマイホームブログとして書いています。
2020年6月に完成予定です。

今回は「ハウスメーカー選び方のポイント編」です。

ハウスメーカーの選び方って悩みますよね。大きな買い物なので慎重になるのは当たり前です。

まず、家づくりで何を重視していますか?

性能?デザイン?やっぱり価格??

 

私たちは土地を探すのとほぼ同時にハウスメーカーも選び始めました。

我が家は最終的には工務店にお願いすることにしました。

私たちのハウスメーカーの選び方と決めるまでの流れとポイントをまとめました。

スポンサーリンク

一般的なハウスメーカーの選び方のポイントは?

住宅金融支援機構という独立行政法人が、一般消費者へ重要ポイントについてアンケート行なっています。
どれも3つまで回答可です。

Q. 住宅選びのポイントは?
建物の性能・・・59.4%
住宅の立地・・・48.1%
デザイン・・・・39.7%
価格や手数料・・29.7%
設備性能・・・・25.6%

みなさん、建物の性能、立地、デザインが主な決め手のようですね。意外に価格重視は少ないのですね。

ちなみに私は性能もデザインも同じくらい重視したかったです。
性能が◎でデザインが△といった、性能抜群なハウスメーカーでもデザインが△だったら選べません。
どちらも◎は難しいです。私は最終的に性能○、デザイン◎の住宅メーカーで決めました。

デザインは主観的なものですけどね。完全に好みの問題です。

性能はデーターでも出るくらいはっきりした数字なので選ぶ時のポイントにしやすいです。

建物の性能のポイントは?

さらに詳しくアンケートをとっています。

Q. 建物の性能で重視するポイントは?
耐久性(土台の強度であったり、素材の品質の良さで見る)・・75.7%
耐震性(耐震等級で比較できる)・・68%
省エネルギー性(高気密高断熱の数値を見る事もできる)・・40.9%

どの会社にも特色があり、営業担当も自分たちの建てる家にとても自信を持っています。

数値については、ハウスメーカーによって見解が違ったり、他社を遠回しに批判する事もありますが、惑わされずに自分で調べることが大事です。

立地で重視するポイントは?

Q. 立地で重視するポイントは?
公共交通機関のアクセス(通勤通学の利便性等)・・72.4%
商業施設へのアクセス・・41%
教育環境(学区)・・38%
治安・・37.8%

立地は土地選びで考える項目でもありますね。

建売住宅や土地をハウスメーカーが持っていた場合は、土地を選ぶこと=ハウスメーカー選びにもなります。慎重に行いましょう!

アンケートにはない重要な項目とは?

アンケートには項目がありませんでしたが、私が思うハウスメーカーを選ぶポイントは最終的には営業担当の人柄だと考えています。

「どうしてもこの住宅会社の家を建てたい!!!」という希望があれば別ですが、「どこの会社も素敵で悩むな〜」という場合は最終的に人で選ぶ方法もアリだと思います。

その営業マンの営業スキルは、仕事のスピードや先回りして動けるか等でわかります。

そのような見えるスキルとは別に、人対人ですので【なんとなく合う合わない】という相性があるのです!

これは土地選びとも似ていますが、営業さんの雰囲気や話し方とか、言葉のチョイスだったり、やる気だったり・・本当に些細なことも含まれます。

人で選ぶということは、同時に信頼関係も築いていけます。

家づくりはメーカーとの信頼関係がとても大切です。

「この人と一緒に理想のマイホームを建てたい!」と思える営業担当に出会えたら、とても楽しい家づくりになりますよね。

 

ハウスメーカーの選び方の流れ

ハウスメーカーを選ぶ時期は?

私たちは土地を探しとほぼ同時に、ハウスメーカーを探し始めました。

”この土地がいい!!!”と思う土地が見つかった場合、土地買いたい!宣言(買付証明)から2週間以内に土地買います!の決定をしなければいけません。

2週間の間にハウスメーカーを選び、住宅ローンの事前審査などを行わなくてはなりません。

のんびり悩んでいる場合ではなくなってしまうのです。

我が家の場合、私たちだけがその土地を欲しいと言っている状況だったので、買いたい宣言(買付証明)を出す前で悩んでいました。

人気の土地であれば、「買付証明をすぐに出さないと、次の人に売っちゃうからね!」と、言われていたと思います。

運よく、誰もいなかったのでハウスメーカー選びにも2ヶ月ほど時間を使うことができました。

さすがに2ヶ月ぐらい経つと「そろそろ決めてくださいよー」という不動産会社の圧力を感じました。

土地から探す場合はハウスメーカーを選んだ後に一緒に土地を探すがベストです。

大手ハウスメーカー or  工務店 どちらを選ぶ?

私たちは2県のみで展開している地域の工務店を選びました。

大手ハウスメーカーは最初から選択肢に入っていませんでした。

たまたま建てたいと思う家が工務店ばかりでした。

工務店の選定は、住宅雑誌やインターネットを見て事前に4社に絞りました。

私たちはこの時点での選ぶポイントは、性能とデザインのみでした。

 

ハウスメーカーか工務店か?決め手となるポイントはこちらにも書いています↓

住宅展示場やモデルハウスへ行ってみる

住宅展示場は豪華な家がたくさん並んでいます。

営業の電話が頻繁に来るのも嫌だったので、本当に検討している4社のみ見学へ行きました。

まずはモデルハウスに入ったら、名前、住所、家族構成、年収、住む予定の場所などを用紙に記入します。

営業担当がいる場合が多かったですが、受付担当の人がいて後日、日程を決めて詳細のお話をしましょうという事もありました。これは平日だったから営業マンが居なかっただけかもしれません。

家の中を一通り見学しながらセールスポイントを教えてくれます。

当たり前ですが、どの営業マンも自分の会社に自信を持っていることがよくわかります。

実際に建っている家を見るのは、とてもテンションが上がりました。

素敵な家ばかりで、ワクワクしたのを覚えています。

しかし、住宅展示場の家はデザイン、性能ともハイスペックなのです!

とても一般庶民が手を出せる金額ではありません。

実際、この家でいくらぐらいですか?と聞くと、回答を渋ります。

「まあこれはモデルハウスですから・・」と言った回答でした。

実際に自分たちの建てれる家の事例を見ていくと、モデルハウスとはデザインもスペックも全然違ったりします。

モデルハウスに惑わされずに、実際に建てた家を見せてもらうとデザインの傾向がわかります。

 

▷マイホームのための知識について書いています。

 

我が家の選び方のポイントは?

4社から2社に絞る。

私たちは希望の土地があったので、土地の話をすると一気に営業モードになっていました。

すぐに住宅会社の営業マンが土地を見に行って、感想を教えてくれます。

早い会社では設計士と一緒に行き、すぐにプランを作成する会社もありました。

あまりにもトントン拍子で話を進めようとするので、私たちがそのスピード感についていけませんでした。

プランは無料で作成してくれるところと、5万円から10万円のプラン料を支払ってから作成する会社がありました。

4社中2社はプランを無料で作成してくれました。これは土地がある程度決まっていたからだと思います。

まとめるとこんな感じです。

A社 性能○ /デザイン△ /価格○ /営業△/プランあり
B社 性能○ /デザイン○ /価格○ /営業○/プラン料5万必要
C社 性能◎ /デザイン○ /価格△ /営業◎/プランあり
D社 性能○ /デザイン◎ /価格△ /営業◎/プラン料10万必要

結局、A社はデザインが微妙でとB社は普通すぎて断ることにしました。

全て◎は本当に難しい。折り合いをつけるところを夫婦でしっかり話しました。

どの会社も営業担当はとても感じの良い方達ばかりで、断るのはとても心苦しかったです。

 

▷ハウスメーカーの断り方はこちらにも書いています↓

最終決定はやはり人?

最後2社まで絞りましたが、なかなか決めることができませんでした。

  • C社とDはどちらも建物の価格は同じくらい
  • D社のデザインが好き
  • C社の住宅性能のスペックが高い

デザインか性能か・・・決めかねていました。

最後に両社の社長と直接会って話が出来る機会がありました。

どちらの社長もとても素晴らしく、当たり前ですが自分たちの建てる住宅への熱意がありました。

説得力も全然違います。

大手メーカーではなかなか難しいことだと思いますが、地域の工務店であればぜひ社長にも会ってみることをお勧めします!

その上で結局私たちはA社に決めました。

デザインも素晴らしいのですが、社長の人柄、社風がとても私たちに合っていたのです。

 

まとめ

私たちのハウスメーカーの選び方はアンケートと同じように、

  • 性能
  • デザイン
  • 価格

の3つのポイントに折り合いをつけながら決めていきました。

重視するポイントはメモして決めておくと、迷った時に立ち返りやすいです。

価格も重視するポイントにはなりますが、最終決定においてはあまり重視されませんでした。

そして最後の一押しは社風と人柄で決定しました。

 

ハウスメーカー選びは、最後の方はかけひきのようなことも多く私は正直言って疲れることもあります。

しかし多少面倒でも、一つの会社の話だけ聞くのではなく、色々な会社の話を聞くことで家づくりの幅広い知識がつきます。

やっとハウスメーカー選びから解放されて嬉しさもありますが、人や家を様々な角度から見れたこと、何より楽しみながら選べたのでよかったです。

ハウスメーカーの選び方では後悔のない選択ができました。

 

間取りプランがホントに無料?注意点あり!
複数の大手ハウスメーカー27社(全国600社以上)の資料を一括請求できるサイトがあります。
無料で比較検討が可能です。
このサイトで無料でできること・・①間取りプラン ②注文住宅費用 ③土地探し

♦利用する場合の注意点♦
✔︎営業の電話はかかってきます!
バンバンかかってくることもあります。
メーカー側も詳しい話を聞かないことには間取りプランや資金計画は出すことが難しいのです。
ある程度、土地の条件や希望の間取りなどが決まってから依頼した方がいいですよ。
子育て世代にとって営業電話ほど、鬱陶しいものはないですよね。
依頼時に電話に出れないのでメールで連絡してほしいと記載するといいかもしれません。

✔︎断る時はキッパリと!
営業の対応が嫌だとか、ちょっと違うなと思ったらきっぱりと断りましょう!
「考える時間が欲しい」や「イメージと違った」など、気持ちを言った方がいいです。
営業担当は断られることには慣れています。大丈夫です!

✔︎プランが出てこない可能性もあります!
え?って思いますよね。
でもメーカー側も本気度が分からないときちんと対応してくれない可能性もあります。
そんなに簡単にプランや資金計画は出てくるものではありません。
家庭によって収入や使える資金、希望の間取りは変わるので話を聞かなければ出せません。

これらのことをきちんと理解した上で利用するといいと思います。
うまく利用できれば、手間がかからず比較ができますよ!

\もっと詳しく知りたい方はコチラから!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました