【注文住宅】家づくりで風水や家相を気にせず建てる<マイホームブログ>

マイホーム
スポンサーリンク

家相って気にしますか?

鬼門に水回りはNG
玄関の方角は南東がいい
家は欠けないように四角に設計
などなど・・

「凶」とか「鬼門」とか言われると、やっぱり気になりますよね。

風水や家相って得体の知れないものですが、これで心穏やかに生活できるなら取り入れた方がいいと思います。

せっかくのマイホームなのに不幸なことがあったら一生、家のせいにして暮らしたくないですしね。

私は言われると気になりますが、風水や家相の発端となる考えを知ってからは気にする事が減りました。

実際マイホームでは家相を気にしませんでした。

 

スポンサーリンク

風水と家相は違うもの

風水と家相は厳密にいうと違うものって知っていましたか?

今の日本の風水は、占い的な要素が強い新しい風水ですが、古来からある風水は中国が発祥です。

風水は土地の良い悪いを判断するものとされ、地脈や地勢、気候などの自然のエネルギーを取り入れて運気を上げようとするものです。

家相はその家に住む事でどのような生活を送ることになるかを見ていきます。

日本の家相は中国風水から来たものではありますが、別物として進化してきました。日本の風習や日常の生活体験から生まれた統計学と言われています。

「縁起をかつぐ」という考えに似ています。大安を大事にしたり、厄年を気にしたり、招き猫の置物を置いたり、お守りを買うなど、縁起のいいことはやっておきたいものです。

実際私も神頼みでお参りに行ったり、お守り持ったり、日々の中で縁担ぎを意識していますよ!

風水や家相にはたくさんの流派があります。そして今も進化し続けています。

人や流派によって言っている事が正反対のこともあります。

中国発祥の風水ですが、どの程度古来のまま伝わっているのかは分かりません。

 

私も一時期、風水の流派について調べていましたが、どこの流派を選べばいいのかわかりませんでした。

結局、あっちとこっちのいいとこ取り!みたいな感じで、取り入れたりもしましたがどうだったんでしょうね。何の変化もありませんでした。(当たり前か・・)

私は風水を知ろうとして、ただ混乱しただけで終わった感じでした。

家相は先人の知恵袋?

家相とは住環境を整えるための先人の知恵です。日本の風習や生活スタイルによって進化してきました。

そもそもは人知を超えた出来事に対して、どうしていいのか分からないから家相に対策を求めたと言う考えもあります。

家相頼みか・・

家相には今の日本の生活において、当てはまるものと当てはまらないものがあります。

当てはまるもの・・・周囲の建物を見て光や風を計算すること/地震がある土地では耐震設計をすること/隣接する道路に危険がある場合は建築しないことなど
当てはまらないもの・・敵対した国の位置/動物たちの環境/江戸時代に頻発した火災など

よく言われる鬼門、裏鬼門(家の中心から見て北東45度と南西45度の範囲)も当てはまらないものとなります。

この鬼門には空気や水を汚染させるものや火気は置かないほうが望ましいとされています。

それには理由があります。

鬼門(北東)に水回りはNGの理由
昔はお風呂が外にあり、お風呂で温まっても母屋に戻る時に北風で体が冷えるから(脳溢血などの不安)
トイレも北東の日当たりが悪い場所だと菌が繁殖するから
裏鬼門(南西)にキッチンはNGの理由
冷蔵庫のない時代、南西にキッチンがあると西日が差して食べ物が傷みやすくなるから

ほんの一例ですが、このような昔の住環境の理由があったとしても「悪い」と言われれば避けたくなるものですよね。

静岡県の住宅展示場(SBSマイホームセンター)が2018年に成約者(487人)にアンケート行なっています。

家を建てる時に家相を気にしたか?という問いに20代は12.6%、30代は20.7%、40代は32.9%、50代は41.7%、60代以上は34.9%となっています。

若い人はあまり気にしていませんが、年齢が上がるにつれて気にする人が増えています。

私の周りでも鬼門と裏鬼門だけは気にしたという声は聞きます。

なんの確証もないことに、これだけの人が気にして間取りを設計していることに少し驚きます。

みんな気にしているものなの?

みんなそんなに気にしているの?と疑問もあると思います。ツイッターを見てみます。

 

当たり前ですが、気にする人、気にしない人、流派がダメ!っていう人、それぞれいますよね。

最後の綺麗にすることが大事というのは耳が痛いですね。整理整頓は良い気が流れている気がします。

家を建てても意識したいところですね。

 

結局、家相は気にするの?気にしないの?

私は、気にしませんでした!

本当は・・・若干気にもなりました。
調べてたら混乱してきて鬼門と裏鬼門はどうなのかな・・水回りは避けたいな・・と思っていました。

しかし夫が気にしないタイプで、「家相は気にし出すと止まらなくなるし、住みやすさ重視で!」と大きく脱線しそうな私を戻してくれました。

「そうだね、住みやすさの方が大事だね」と思いましたか?
「いや・・やっぱり気になる・・」と思いましたか?

私は前者だったので家相を気にしない家づくりをすることとなりましたが、後者だった場合は少し家相を気にした方が良いです。

何か不幸が起こった時に、家のせいにしてほしくありません。

生活の拠点となる家が不安の原因になってしまう方が、心に大きな負担をかけてしまうので、それは避けるべきと思います。

自分の納得するところで「程々に」気にするのが良いのではないでしょうか。

心の安定は必須ですよ。

あまり家相を気にしすぎると住みづらい家になるのも事実です。

家相の根底にある一番大切な考えは「暮らしやすい家づくり」です。

先人の知恵袋も暮らしやすさを考えての間取りの知恵ですよね。

家族の暮らしやすさを一番に考えて家づくりをするべきです。

 

 

スポンサーリンク
マイホーム 家づくり
umeをフォローする
Ume note

コメント

タイトルとURLをコピーしました